2015年12月17日木曜日

デュアルSIM端末のデュアルな契約

この記事はガジェ獣 Advent Calendar 2015の14日目の記事です。
遅くなってすみません・・・

デュアルSIM端末

みなさんデュアルSIM端末使っていますか。
御存知の通り、日本では2Gでの通話サービスが既に終了しているため、1枚目のSIMで通話待受を行い、2枚目のSIMでデータ通信を行うということが同時にできません。
なんのためのデュアルSIM端末なんだ!という気持ちになりますが、海外でも販売している端末を日本でも発売したら、たまたま日本で2Gが終了していたという感じでしょうか。

完全に偶然なんですが、僕の家族がデュアルSIM端末で2つのSIMを使っていますので、その契約・運用方法を紹介したいと思います。

事の始まりと契約失敗

もともと僕の家族はドコモをFOMAの旧プランで契約していたのですが、月サポが切れ、更に端末も画面が割れてしまったことで次の端末を探していました。
ところがちょうどドコモの新プランが開始された時期だったので、月サポがついても今の金額とあまり変わらないということがわかりました。そこで、月サポを諦めて安価だけどそこそこ動く端末を購入することにしました。
安いけどそこそこ動く端末ということで、FREETELでPriori2を購入し、moperaの契約を追加し利用し始めました。ところが僕がFOMAのパケホはmoperaだとテザリング扱いになって請求が高額になることをすっかり失念しており、月々の支払が大きくなってしまいました(最近はSPモードのIMEI制限が軽減されているのでなんとかなるかもしれませんね)。

条件

僕がその直前にIIJmioにMNPで移行していたため、家族にもIIJmioへの契約変更を勧めましたが、キャリアメールが使えないと困るとのことでIIJmioへのMNPは諦めました。
この時の条件をまとめるとこんな感じです。

  • キャリアメールを継続して使う
  • すでに購入したPriori2を活かす
  • 通話は普通の頻度でする
  • もちろんデータ通信もする(つまりデータ通信で十分な容量がほしい)


もともと僕のミスで月々の支払が大きくなってしまっていたので、この条件にハマるような契約を必死で考えました。

デュアルな契約

そこで思いついたのがデュアルSIMを活用したかなり特殊な運用方法です。

  • ドコモでカケホ有り、パケホなし、SPモード有りの契約をする
  • IIJmioで音声SIMを追加し、ファミリーシェアプランに加える
  • ドコモからIIJmioのSIMに0秒で通話転送する

この方法なら通常はIIJmioのSIMを有効にしてデータ通信と受話が出来、通話が必要なときにはSIMをドコモに切り替えて行えばいいのです。
また、SPモードを継続すればドコモメールが使えるので、一般的なメーラーからキャリアメールが使えるはずです。

思いついたのですが、そもそもカケホ有り、パケホなし、SPモード有りの契約が出来るのかドコモに問い合わせてみたところ

  • 契約は可能
  • FOMAのままなのでXiデビュー割は温存できる
  • カケホ+SPモード+ユニバーサルサービス料=3002円
  • ドコモメールももちろん使える

との回答を頂いたので早速契約を変更しました。
これに僕のIIJmioのファミリーシェアプランに音声SIM月々900円を加えて、3902円/月で通話し放題、十分なデータ通信容量を持つ環境を作ることが出来ました。

まとめ

必要に迫られた結果ですが、デュアルSIM端末を使ったいい感じの契約をすることが出来ました。
SIMを切り替えるのが結構面倒かと思ったんですが、うまく運用出来ているようです。
みなさんはこんなめんどくさい契約することはないと思いますが、もし必要に迫られた時は思い出してください。